新橋ファーストクリニックED治療スタッフブログ
新橋ファーストクリニックED治療スタッフブログ

シアリスと食事やお酒との関係

今回はシアリスを服用する際に気をつけるべき、食事やお酒との
関係について書きます。

 

 

以前、バイアグラやレビトラについて書いた時には、バイアグラは
食事全般、レビトラは脂肪分が多い食事がお腹に入った状態で服用
すると、薬の有効成分の吸収が悪くなってしまい、薬の効果が弱く
なってしまったり、想定していたタイミングで効果が得られなかったり
する場合があると紹介しました。
それに対してシアリスは三種類のED治療薬で
一番食事に強いのがウリです。

 

シアリスは服用してから、空腹でもお腹に食べた食事が入っていても
飲んでから3時間後に血中濃度がピークを迎える薬となっています。
血中濃度はシアリスの成分「タダラフィル」がどれだけ身体の血中に
溶けだしているかと言う意味で、血中に溶けだしている濃度が
高ければ高いほど、陰茎周りの血管を広げる力が強くなることを
示します。

 

確かにシアリスも全く食事の影響を受けないわけではありません。
空腹で飲めば、効果の発現が40分程度と即効性があるのに対して、
食事を摂った後にシアリスを飲めば、効果発現まで1~2時間
掛かってしまう場合もあります。しかし、重要なのは空腹でも
食事後でも3時間後にピークを迎えるため、効果が出る時間が
安定しているという点が使いやすいと言えます。

 

そして、シアリスは効果の継続時間が24~36時間と長時間
効果が継続するのが使いやすい点です。先に服用しておけば、
その間は性的な刺激があれば、反応しやすい状態が続きます。
もちろん、勃起しっぱなしではないので、ご安心ください。

 

シアリスのもう一つ使いやすい点は、食事の内容を選ばないことが
挙げられます。レビトラは脂肪分の多い食事がお腹にあると、
脂肪分で吸収が悪くなり、聞きづらくなることがあります。
シアリスは脂肪分の多い食事がお腹にあっても、脂肪分で吸収が
悪くなることはないので、食事の内容に気を使う必要がありません。

 

 

次にお酒についてですが、食事と同様にお酒を飲んでいても
シアリスの吸収が悪くなることはありません。
なので、飲酒時に使っても問題ない薬と言えます。

 

しかし、レビトラの際にも触れましたが、お酒を飲み過ぎて
泥酔状態になってしまうと、シアリスで陰茎周りの血管を広げ
陰茎への血流を助けて上げても、アルコールが神経のバランスを
崩してしまい、性的興奮が得られなかったり、性的快感の
フィードバックがなくなってしまい、ED症状を強くしてしまう
恐れがあるので、飲み過ぎには注意してください。

 

お酒もほろ酔い程度でしたら、性欲を向上させることもあるので、
一概に悪いわけではありません。ほどほどの酒量で臨んでください。

 

シアリスは空腹で服用すると40分ほどで効果が発現し、
3時間ほどでピークを迎えて、効果は1日から1日半ほど続きます。
食後に服用すると効き始めまで1~2時間程度かかり、ピークは
変わらず3時間後です。効果継続時間も変わらずに1日から1日半
程度続きます。
この効果継続の時間は、個人のED症状の強さによって大きく
変動します。ED症状が軽い方は少しの用量でも効果を実感できる
ために、効果継続時間は伸びる傾向にあります。逆にED症状が
重い方は短くなる傾向にあります。

 

 

シアリスの服用するときの注意点をまとめました。
・シアリスを服用してから3時間後がピーク
・効いてくるのに比較的時間が掛かるので早めに服用
食事の内容は気にしないでOK
お酒はほろ酔い程度に抑える。

さらに詳しいシアリスの情報はシアリスのページからご覧ください。

シアリスの処方をご希望でしたら、下部の予約フォームからご予約ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

カテゴリー: シアリス | タグ: , , , , , |

今すぐ予約をご希望の方はこちらから

オンライン予約

ご来院のご予約はこちらから。スムーズに受診されたい方は是非ご利用ください。