ED治療のことなら、新橋ファーストクリニックにお任せください。

ED治療なら港区新橋ファーストクリニック
ED治療なら港区新橋ファーストクリニック
4月25日更新

EDとは?

EDとは、Erectile Dysfunctionの略で勃起不全、勃起障害、男性の性機能障害のことを指します。

一昔前は、インポテンツという言葉が使われていましたが、直訳すると性的不能という意味で、暗いイメージが付きまとうことと、言葉の指す意味が狭いことから、最近はより広い意味合いで使われるEDと呼ばれるようになりました。

EDの症状

ED症状のレベルは軽症(たまに勃起できない)、中等度(勃起が充分でなく、時々性交ができない)、完全型(勃起しないため常に性交できない)の3パターンに加え、「本人の思い通りの性行為を満足に行えない状態」もEDに含まれます。

わかりやすいようにEDの具体的な症状を列記します。

  • 性行為の際に必要な時に勃起が得られない。
  • 勃起はするが、必要な硬さが得られない。また、勃起を維持できない。
  • 自慰行為時は硬くなるけど、パートナーとの行為時に硬くならない。
  • 特定の人との性行為時にだけ、うまくできない。
  • 勃起は得られるが、やわらかくなってそのまま射精まで至ってしまう。
  • 刺激がある時は勃起が維持できるが、そうでないと萎えてしまう。

見てお分かりになると思いますが、実際には勃起は得られるが、実はEDに当てはまるという方が多いです。
ご自分の状態が気になる方のために、EDセルフチェックを設置していますので、お気軽にご利用下さい。

EDの種類

EDには、大きく分けて心因性EDと器質性EDの2つのケースがあります。

心因性ED

精神的ストレスなどが原因でEDを発症するケースです。現在ED患者の中でもっとも多い症状で年代を問わず、20代の若い方まで発症してしまうことがあります。
具体的な例として、今までに性行為がうまく出来なかったことに対するトラウマ、仕事等のストレス、過労、夫婦間のマンネリ、性行為に対する緊張などが挙げられます。 特に日本人は神経質で心因性のEDが多いといわれています。

当クリニックでの診療でも、心因性のEDの方は、ED治療薬の効果が高いことが実証されております。

器質性ED

性的刺激を受けてから、勃起が起こるまでの身体的なメカニズムに問題がありEDを発症するケースです。器質性EDの多くは50代以降の方の割合が増えてきます。
具体的な例として、糖尿病による血管や神経障害、高血圧や高脂血症などによる動脈硬化、外傷などによる脊髄損傷、前立腺がん除去手術に伴う勃起神経の損傷などが挙げられます。

器質性EDの場合には、不可逆性(元の様に戻らない)の要因がある場合が多く、その場合はED治療薬を使いながら、EDとうまく付き合っていく必要があります。

どの症状もED治療薬の服用で80%以上でEDが回復すると言われています。

オンライン予約

ご来院のご予約はこちらから。スムーズに受診されたい方は是非ご利用ください。

初めての方(初診)
既に当院で診察を受けた方(再診)

オンライン予約

コチラのボタンからご来院のご予約
をお入れくださいますと、大変スム
ーズに診察を受けることができます。
初めての方(初診)
既に当院で診察を受けた方(再診)
来院のご予約はコチラから

初診か再診を選び、下記カレンダーよりご希望来院日をご指定ください。
※当日予約は19:00まで受付可。

初診 再診
診療時間
EDの相談窓口

EDのお悩みがあれば、ぜひ一度ご相談下さい。
診療時間内なら、30分以内に返信致します。

無料相談はコチラ

診療時間

診療時間内にお越し頂ければ、初診の方でご予約なしでも診察可能です。
お気軽にご来院下さい。

平日
12:00~20:00(19:50最終受付)
土曜・日曜・祝日
11:00~19:00(18:50最終受付)

携帯電話でもご覧いただけます。
携帯のカメラから下記QRコードを読み取りアクセスしていただけますと幸いです。

携帯電話でもご覧いただけます

QRコードを読み取れない、または使い方がよくわからないという方は、お手数ですが、以下のリンクをクリックし、携帯メールへURLを送信してください。

▲このページの上部へ